専門医からのアドバイス

喉にも違和感が出る

女性

内科や外科でも近年、診察を行うほどに医療機関全体で周知されているのが、自律神経失調症です。症状には精神面として、感情の不安定さを挙げることができ、不安・イラつき・気分の落ち込みなどの喜怒哀楽の感情コントロールが上手くできない症状も自律神経失調症の特徴です。体の症状としては、心臓や脈拍、血圧などに異常が現れやすいのも特徴で、精神的や体の構造からくるストレスなども影響し、自律神経に作用される心臓に負担がのし掛かるケースは多くなり、心臓系の症状が現れやすくなります。さらに、喉のつまりや違和感も意外と周知されていない特徴となり、唾液を飲み込む行為は副交感神経が働くため、低下している状態では食事の際に飲み込みにくくなったり、違和感を感じる症状が現れます。

疲労回復を図る

医療機関においては、自律神経失調症のメカニズムを研究し、様々な治療や予防法を提案しています。患者側はアドバイスを求めることにより、心身的リラックスを図れるメリットがあります。例えば、感情不安がある場合には、自律神経の乱れを整えるため、疲れを少なくする緩和ケアが重要で、睡眠時間を増やすことにプラスし、香りの作用で不眠症までも改善させることに取り組めます。また、心同様に体も疲れているため、睡眠の質は重要です。医療機関においては、快眠に繋げられる枕やヒーリング効果の高い音楽など、イライラや疲れに作用する内容で相談から治療、アフターケアまでに携わってくれます。多大なストレスが長期間続き、体にのし掛かることにより、心労から狭心症などの心臓に症状が出る自律神経失調症に発展しやすいため、アドバイスを聞くことは大きなメリットとなります。