全身の器官をコントロール

ストレスに役立つ行為

女性

自律神経失調症の豆知識として、ストレスが蓄積されてイライラする場合、無性に食べ物を摂取したくなる行為には自律神経が深く関与しています。食べる行為を担うのが、口をはじめ、食道や胃や腸などの消化器官で、副交感神経が優位に立って働いています。交感神経がエネルギッシュな働きであるならば、副交感神経はリラックスできる働きを担っています。結果、食べる行為によってリラックスでき、イライラが解消されます。自律神経失調症を患い、ストレスが多い場合には食べる行為で副交感神経を働かせることが可能です。ですが、交感神経が優先する極度のストレスを抱えている場合には、副交感神経がうまく機能できない場合があります。胃は副交感神経が働くことにより消化機能が働くため、極度のストレスで食べる行為によって、太りやすくなる場合もあり、自律神経失調症の患者には胃もたれしない食べ方などが専門家からアドレスされています。

自律神経が担う呼吸器

自律神経失調症は、消化や循環などの全身の機能に支障が出る病気です。その中には呼吸も挙げることができ、息苦しさを訴える患者が非常に多いのも特徴です。呼吸気管をコントロールするのが副交感神経であり、知らず知らずの内に呼吸が浅くなりやすい症状を招きます。また、極度な緊張やストレスを感じる場合にも息が浅くなりやすく、呼吸の乱れを感じやすいのも自律神経失調症の特徴です。体調変化に敏感となる神経症タイプをはじめ、日常のストレスを感じやすい心身症タイプに良く見られる症状です。うまくストレスや緊張を解きほぐすことが困難な場合に、専門医ではゆっくりと息を吐くなど、呼吸法による治療を提案しており、この結果、他に影響がでるストレス症状が改善されている特徴も挙げられています。