専門医からのアドバイス

女性

自律神経失調症の症状は全身に及び、その大半はストレスが原因であるのが特徴です。ストレスを軽視することにより、食事や睡眠など、健康面にも多大なる影響が出てくるため、薬はもちろん、休むケアも必要と言われています。

自律神経の乱れが急増

心と体で症状は別

女性

医療機関の選択の違いにより、心に作用したり、体に作用するなど、症状別の緩和を図ることが可能です。原因としてストレスが大きいと言われる自律神経失調症では、一般的に心療内科を受診します。しかしながら、心療内科では心身症に強みを持っている医療分野であるため、心の病気ではなく、体の病気や症状での相談に適しています。ストレスは心に作用するため、原因がメンタル面にあったとしても、精神的症状が胃腸などの体に出ている場合には心療内科を選択します。逆に、心に症状が出ている場合には、精神疾患を扱う精神科を受診します。自律神経の乱れは心の症状を招きやすく、不安や不眠やイライラなど、サイレントキラーと呼ばれる小さな症状が現れます。線引きが難しい医療機関の選択も、心と体の違いで選択することで病気としっかり向き合えます。

予防策も必要

自律神経失調症は、1対1のバランスが必要の交感神経と副交感神経が、交感神経メインで活動している病気です。疾患として治療を進めることはもちろん、現代化社会では今後、益々自律神経失調症に陥る方が増えてくる考えも重なり、医療業界では予防策を打ち出す考えです。特に、誰もが行う行動からも自律神経のバランスが乱れることもあり、行動に対する予防法を発信していく見込みです。例えば、強い光を発する環境下では脳や体が興奮状態となり、交感神経が働きます。激しいまでの点滅やカラフルなミラーボールなどは脳を異常興奮させるため、自ずと自律神経失調症に陥ります。さらに子供の場合には自律神経が未発達であるため、制御できないケースも多く、近年では教育現場やビジネスシーンでも、医療セミナーなどで予防となる情報発信が展開され始めています。

婦人科系にも影響する

女性

自律神経失調症は、自律神経が担う機能の低下で色々な症状を引き起こします。女性にとっては、ホルモンの機能を向上させることで美容や健康、さらには妊娠や出産などに結び付くため、ホルモン調節する自律神経のバランスを図ることは重要視すべき内容です。

全身の器官をコントロール

女性

ストレスフリーが自律神経失調症を和らげる一番の改善策で、ストレスを食べる行為で和らげることも可能です。また、全身の器官に作用するため、消化吸収はもちろん、乱れやすい呼吸までが自律神経の改善で整えられます。